会社沿革

住重アテックス株式会社

2017年4月
住重試験検査(株)と日本電子照射サービス(株)を統合し、『住重アテックス株式会社』を設立
2017年5月
倉敷営業所と福山営業所を統合し、西日本営業所開所

住重試験検査株式会社の歩み

1979年10月
創業。非破壊試験、材料試験、各種検査を中心とした検査サービス業および放射線利用業の営業を開始
1984年6月
新居浜営業所開設
1985年4月
サイクロトロン利用技術サービス開始
1998年1月
第2サイクロトロン営業運転開始
2000年2月
京都営業所開設。放射線関連施設の保守管理、放射線の作業環境測定、コンサルタント開始
2006年7月
第3サイクロトロン営業運転開始
2007年4月
横須賀事業所開設
2007年7月
倉敷営業所開設
2008年4月
(株)エイ・アール・エスと合併
2013年1月
福山営業所開設
2014年6月
京浜営業所開設放射線管理サービスセンター移転
2015年7月
千葉営業所開設
2016年11月
第4サイクロトロン営業運転開始

日本電子照射サービス株式会社の歩み

1989年6月
創業。住友重機械工業(株)が茨城県つくば市に電子照射応用開発センターを開設し、照射サービスを営業開始
1991年4月
電子滅菌工程での医療用具製造業許可取得(国内初)
1996年8月
住友重機械工業(株)と住友金属鉱山(株)の合弁会社として日本照射サービス(株)を設立
1996年9月
西日本照射サービス(株)設立。大成化工(株)が資本出資
1997年4月
つくば電子照射センターが住友重機械工業(株)から日本照射サービス(株)に移管され、営業開始
1997年8月
関西電力(株)が西日本照射サービス(株)に資本出資
1998年3月
西日本照射サービス(株)が大阪府泉大津市に関西電子照射センターを開設し営業開始
1998年5月
関西電子照射センターが医療用具製造業許可取得
2000年12月
西日本照射サービス(株)が日本電子照射サービス(株)に商号変更
2001年2月
住友重機械工業(株)と住友金属鉱山(株)の合弁解消
2001年3月
つくばセンターが日本照射サービス(株)から日本電子照射サービス(株):EBISに移管され、東西の二拠点体制として営業開始
2006年12月
つくばセンターが医薬品製造業許可取得
2007年3月
関西センターの建屋増設
2013年10月
関西センターを医療機器のFDA施設登録
2016年12月
住友重機械工業(株)が100%資本出資